スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ウエスト引き締めに有効な動き
2010 / 06 / 04 ( Fri )
ウエストにくびれを作る感じのために関しては、おなか周りについた脂肪を落とさなければいけません。

良く知られている腹筋運動は、自分の思いついたときに実行できて、ダイエットにも効果的だと知られていますが、腹筋運動が影響するのはおへそ周りにある腹直筋だけなので、おなかの側面の筋肉に関しては効能がおよびません。

ダイエット体操でもウエストの部分で有効なのは、ひねりを加えた腹筋運動なんです。
ウエストの脂肪を燃焼させる感じのために関しては、その部分にある筋肉を鍛えることが必須です。
ダイエットをするような人は、体重の増加につながる筋肉増強を敬遠しがちですが、脂肪燃焼させる感じのために筋肉は必須なので、筋肉をつけるというようなことはウエスト引き締めに関しては欠かせないようなことだと認識しておきましょう。

ウエスト引き締めでは、腹直筋以外に腹横筋、腹斜筋、大腰筋を鍛えて基礎代謝を上げてやせやすい身体に変化させるようにするのです。

つまり、「インナーマッスル」を鍛える感じのことが、ウエストの引き締めの成功につながるんです。
インナーマッスルを鍛えるに関しては、ゆっくりとした体操が有効で、例としてはあおむけの状態で寝転んで、両足を上げた後、8秒間かけて床につくギリギリまでゆっくり下ろす動きです。
ウエストの引き締めでは、腰が痛くなったら続かないので、腰に負荷がかからないように細心の注意をしながら、実際進めていく感じのことが大事です。

そして、背中も筋肉も鍛える感じのことがウエストを引き締めるポイントでもあるので、手足を伸ばした上体そらしを8秒間キープする感じのことも大変有効です。
スポンサーサイト

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

14 : 46 : 58 | 健康 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。